注文住宅の見学会に行く場合に注意することやチェックすることは?

 

注文住宅の見学会に行く場合に注意することやチェックすることは?

 

「どうせ見てもわからないよ」と思う方は、後悔先に立たず、のことわざ通りになってしまいます。

また、見学会に参加する際には、必ず望んでいる家と同程度の家を見せてもらってください。

つまり、同じくらいの坪数、同じくらいの仕さまの家を見る必要があります。

(坪とは、お家の広さの単位の一つで、平方メートル、何畳という言い方をし、1坪=3.3㎡=2畳で、シロアリ業者が工事費用の計算にも使います)

可能であれば、実際に住んでいる家に連れていってもらい、その家族の意見を聞いてみてください。

そこまでやってくれる業者は、ホンモノに間違いありません。

見学会に参加するメリットは他にもあります。自分自身が納得のいくまで見学し、質問することができるからです。

業者の目から見ても「あのお客は研究しているぞ」ということになり、一層のやる気につながります。

わたしの経験から言うと、何も検討しないで、「お任せするから」なんて態度の方に限って、後でトラブルが多いのです。

何度も何度も通った行き付けの美容院ではないのですから、「お任せ」とか「いつも通りに」なんて言わないで、自分自身が納得のいくまで見学し、質問をしてください。

見学するときに大切なことは、質問をすることです。

どんなつまらないと思うことでも、知ったかぶりをしないで聞いてください。

もし、その質問に担当者が嫌な顔をしたり、冷たくあしらわれてしまったとしたら、その業者は要注意です。

いったい今まで、どのくらい多くの人が、家づくりに悩み苦しんできたのだろう。

 

そうならないように、参考になれば幸いです。