住宅業界の常識 建築中の家を一般公開しない

 

住宅業界の常識 建築中の家を一般公開しない

 

 

あなたが家を建てようと決断したら、まずはじめに、木造在来工法なのか、ツーバイフォーなのか、鉄骨造なのか、その建築エ法を決めなければなりません。

それには、各会社の現場見学会で、あなたにふさわしいのはどの工法なのかを肌で感じることが重要です。

しかし、住宅会社やツーバイフオー業者は、建築中の現場見学会をあまり行いません。

やはり貧弱な印象をお客さまに与えると思っているからでしょうか。

木造住宅は骨組みが命ですから、建築中の現場は_信を持って見せます。

そして、実際に木造住宅の建築現場をご覧いただき、その骨組みの美しさ、力強さを肌で知っていただくのです。

 

木造住宅の現場見学会に行くと、本当に森の中で森林浴をしているょうな感覚を受けます。

木造住宅が身体に良いといわれているのは、ここからきているのです。

 

想像してみてください。

 

森の中を歩いている時と、鉄骨ビル街を歩いている時と、どちらが気持ち良いでしょう。

いったん現場見学会に足を運んで木の香りを感じると、その心地良さをすぐに実感できるはずです。

 

また、ツーバイフオーエ法は薄いベニヤを、張り合わせて作っていきます。

雨の日に建築中の現場を見かけると、ベニヤがビショヌレになっていて、ベニヤの接着剤は大丈夫だろうかと心配になります。

テレビ、新聞等でも報道されましたが、「シックハウス」で問題になったホルムアルデヒドは、ほとんどがベニヤの接着剤から放出されるのです。

その対策はなされているのでしょうか。

安心して暮らすことができるのは、日本全国で70%の人が建築する木造在来工法の家です。

それは、建築に携わるものなら誰もが知っていることです。

 

 

家づくりで成功する秘訣は現場見学会にある

 

あなたは、結婚するときに、奥さんあるいはご主人の素顔を見ないで結婚を決めることができましたか。

 

現場見学会は、家の素顔を見るチャンスなのです。見学会を頻繁に行っている会社は信用できます。見せられるということは、自社の仕事に自Bを持っているということだからです。