モデルハウスとは? 見学する際の注意点

 

モデルハウスとは? 見学する際の注意点

 

 

常識① モデルハウスとあなたが建築する家は違う!

見積書を見ると、本体工事費の下にオプションエ事費が、項目別に〇〇万円とあります。

このオプションエ事とは、本体工事には含まれない、標準仕さまよりもちょっと豪華なキッチンであったり、ユニットバスであったりします。

また、住宅会社の決まりごとでは、照明器具やカーテンもオプションです。

モデルハウスでうっとり見とれていた設備がオプション料金だなんて、普通は考えられませんし、照明器具やカーテンがなくてどうやって生活しろというのでしょうか。

それから、見積書の最後のほうに目を向けると、経費一式00万円とあります。

この経費とは、営業マンの人件費であったり、会社を運営していくための資金であったりします。

これらのオプション、経費、必ず必要な照明器具やカーテンを別途にしての金額提示が、住宅業界の常識です。

しかし、そもそもおかしいと思いませんか。なぜこれらのオプション料金や経費が、別途になっているのでしょうか。

 

言うまでもありません。これは、あなたに£える坪単晒を低く抑えるためです。

後でつけられるものは後まわしにして、少しでも「安い」という印象を与えるように仕組まれたトリックなのです。

モデルハウスでは、すべてのものが輝いて見え、あなたは自分がその家で生活する姿を想像してしまいます。

しかし、実際にあなたが家づくりを終え、現実とのギヤップに気付いたとき、取り返しのつかない後悔の念におそわれてしまうのも事実です。

あなたにはそうなってほしくありません。

そこで、お願いがあります。

 

モデルハウスでは、

「標準仕さまはどこまでですか。照明器具やカーテンは標準に含まれますか。収納はついていますか。網戸はついていますか。」

と具体的に、訊ねてみてください。

そして、経費についても忘れずに「経費は、どのくらいかかりますか。

何に使われるのですか」と訊ねてみてください。

訊ねてみたら、「なんだ。モデルハウスと実際に建築される家は違うんだ」ということに気付くはずです。

 

続きはまた次回に。

 

お客さんが知らない住宅業界の3つの常識

 

お客さんが知らない住宅業界の3つの常識

 

 

さあ、いよいよヒミツの部分に入っていきます。

ここでは、これまでの住宅業界の常識が、いかにあなたにとって意味のない、夢を奪う非常識になっていたのかについて、お話ししていこうと固います。

この3つの常識は、もしかすると「大手住宅会社?にとっては、絶対に知られたくないヒミツ」であるかもしれません。

このようにあからさまに書いてしまうと、わたしは各方面から非難の声を浴びることになるかもしれません。さま々なかたちで嫌がらせを受けるかもしれません。

しかし、そんなこと怖くはないのです。

「わたしたちは住宅業界の常識と断固戦います」

なぜならわたしは、あなたが家づくりで失敗することがないように、心から願っているからです。

そのお手伝いをすることが、わたしの役目なのです。

そして、あなたの家づくりを心から応援したいと思っているからです。

それでは、どうぞリラックスしてお読みください。

 

続きは次回に。

 

注文住宅と見積りとオプション

 

注文住宅と見積りとオプション

 

 

営業マン「こんにちは。本日は見積書をご説明に伺いました。」

 

夫「お待ちしてたんですよ。あんな家に住めたらいいな~って妻とも話してたんですよ。」

 

営業マン「ありがとうございます。ただ、先日ご覧になったキッチンとユニットバスは最新のものですから、標準料金のほかに、オプション料金120万円がかかります。それから、照明器具やカーテンもオプションです。これは後からでも取りつけできるので、内装工事が終わった段階で決めることにしましよう」

 

妻「えっ、キッチンやユニットバス、照明器具にカーテンもオプションなんですか?ということは、合計金額はおいくらになるんですか?」

 

営業マン「本体価格2400万円、オプションー80万円、照明、器具、カーテン60万円、屋外給水排水設備170万円、それから経費100万円を加えまして、ざっと2900万円になります!」

 

夫、妻「……(ショック)」

 

 

あなたにお伝えしたいこと

「家を建てたい!」

そう思っている人の多くの方が、まず同じ行動をとります。それは、住宅展示場やモデルハウスを見に行くことです。

しかし、安心して暮らすために、決して建ててはならない家があります。

それは、必要以上に高い家です。

どういうことでしようか?

あなたがモデルハウスの坪単価を聞いた時、今まで笑顔で話をしてくれた営業マンに、急に嫌な顔をされたり、はぐらかされたりして、変だな?と思った経験はありませんか?

住宅展示場やモデルハウスは、それぞれの会社が自社のPRのために建てたもので、坪数も大きくゴージャスな家がほとんどです。

そして、テレビや雑誌に登場するような家は、プロのコーディネーターが、センス良く、イメージ良く残るように、こだわったインテリアにしています。

どうしてゴージャスにつくるのかと言うと、お客さまは一度に複数の住宅展示場を見てまわります。

たくさん見た中でも印象に残るようにしなければならないので、どうしてもお金をかけたつくりになってしまうのです。

実際、モデルハウスの中には、お客さまが建築する2倍もの金額がかかっているところもあるそうです。

これだけお金をかければ、ステキに見えて当たり前なんです。

 

 

インテリアに感心するのはけっこうです。

でも、あなたはモデルハウスにうっとりするために、貴重な時間をつかって見学に行くわけではないでしょう。

家族みんなで楽しく暮らす家を見つけに行くのです。

身の丈以上の買い物をしてしまえば、これから先の長い人生ずっと、ローン返済に苦しみ続けることになります。
想像してみてください。

ローン返済で身動きが取れず、なにも出来ない生活を。

 

 

続きはまた次回に。