注文住宅 土地探しの注意点とポイント

注文住宅 土地探しの注意点とポイント

 

上記の分類とは別に、借地権は「呰通借地権」と「定期借地権」に分かれます。普通借地権は規定の年数ごとに契約史新が可能ですが、最近の注文住宅の借地権は一般的に「定期沿地権」です。

そのなかでも一戸建て住宅では「一般定期借地権」が多く、50年以上の期間で契約します。

期問が終われば建物を取り壊して更地にし、地主に返還しなければなりません。

もう一つの「建物譲渡特約付き借地権」は、土地を返すのは同じですが建物を地主が取るという迫いがあります。

 

 

特約事項に気を付けましょう

 

借地権付きの住宅は、当然ながら土地購人代金がかからないのでやすい価格帯ですが、契約時には確認すベき様々な条件があります。

そのなかで、最も気を付けたいのが特約事項です。

借りが不当に不利となる内容が盛り込まれていないか、念入りにチェックしてください。

マンションにも借地権がある?

 

マンションの土地は各入居者で共有することになりますが、所有権ではなく借地権のこともあります。

また、一戸建てに限らずマンションでも定期借地権のケースがあるので、契約内容を確認しましょう。

 

マイホーム 買い換えのポイントはタイミングの見極め

マイホーム 買い換えのポイントはタイミングの見極め

 

もっといい住まいを求めてマイホームを買い換えるときが来るかもしれません。
基本的な考え方と業者への依頼形式の違いを知っておきましょう。

 

つてから買うのが安全な方法

 

買い換えは“先に売る”
仲介業者との契約の種類

要なことは、「いつ売って、いつ買うか」です。
タイミングを違えると、売りそびれ、買いそびれになります。

実際はそううまくはいきません。
なので、先に資金のメドを立てるためにも“先に売る”のがセオリーです。
お金の問題はその何倍も大切なので優先させてください。

 

先に買うのはどんなとき?

よほどの優良物件に出会ったとか、内分の物件にすぐ売れる根拠があるなどの場合は、先に買うケースもあります。
買い換えは「快適を得る」のですから、その意味では物件で買いを先行させるのも惡くありません。
ただ、くれぐれも金繰りで行き詰まらないように準備しておくことが必要です。