新築する時の貯蓄残高の目安は?

 

新築する時の貯蓄残高の目安は?

 

30代*40代の貯蓄はいくらあるの?
お金は生活に欠かせないものですが、親しき仲でもなかなか聞けないのがお金の話。

せめて同世代の貯蓄額は参考として知っておきましょう。

 

・参考にするのは中央値

「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯、2016年)」によると、30代の平均貯蓄額(預貯金、保険、投資額などの合計)は395万円、40代は588万円です。ただし、平均額は一部の高額貯蓄世帯によってグンと引き上げられるため、中央値(データを少ない順に並べたときの真ん中の値)が併用されています。30代の中央値は167万円、40代は200万円で、、こちらの方が、現実に近い数値になります。実は一方で、30代、40代とも3割の世帯が「貯蓄がない」という結果になっています。貯蓄がゼロでは、不足の事態に対応で、きません。

そこで世代別の留意点をまとめてみました。

 

・30代はお金の貯め時期

結婚、出産、住宅の購入など、さまざまな資金の準備が必要になる時期です。中で、も家庭を悩ませる“教育費”は、子どもの成長と共に増えるため「子どもが小さいうちに早くから準備する」ことがポイントです。

住宅の購入を考えている家庭は、検討中のプランが教育費に支障がないかを確認すること。進学時期は住宅とは違って待ってはくれません。将来を見据えたマネープランを立てましよう。

 

40代は支出のコントロール

子どもの成長に伴って、教育費、生活費が増加すると同時に、住宅ローンの返済など負担が大きい時期といえます。特に“大学進学費用”は、人学時点で概ね3、万円、500万円準備しておくのが理想的です。そのため高校
までの教育費は、月々の給料やボーナスから捻出し「貯蓄は大学進学まで切り崩さない」こと。さらに無駄な出費がないか今一度チェックします。
40代の後半の家庭は、住宅ローンの返済状況を確認しつつ、退職後も視野に入れた資産づくりも考えなければなりません。

 

お金のことは家族で話合い

教育費と住宅費にお金をかけ過ぎると、定年後の資金が準備できなくなってしまいます。子どもが成長している家庭は、家の経済状況を伝えましょう。子どもも、家族の一員としての自覚が高まるいい機会でもあります。特に子どもの将来の進路については、いくらお金がかかるのか、それをどういう形で誰が負担するかなど、家族で話し合って決めることが大切です。

 

シンプルな貯蓄方法から始めてみよう

無駄遣いをしていないけど貯まらない人は、貯蓄の基本といわれる“先取り貯蓄”をおススメします。その場合、白動積立を利用するのがいちばんで’す。金融機関の積立定期預金や勤務先の財形貯蓄などは、自動的に積立てられ手間が掛かりません。また、0歳、15歳までの子どもがいる家庭に支給される“児童手当”。これを使わずに貯めれば約200万円になります。これで随分変わってきます。

今のうちに家計を見直して、コッコツ貯める習慣を身につけておきましょう。