注文住宅の土地探しと土地購入

注文住宅の土地探しと土地購入

 

土地の売買契約ではここに注意する

土地の売買も建物と同じく不動産取引の一つですから、宅建法に基づいて売り主(または仲介業者)から重要事項説明を受け、売買契約を結びます。

 

重要事項説明と売買契約の流れを把握

土地がなければ始まらない

すでに触れたように、注文住宅を建てる場合は設計の前に土地を購入します。設計が完成したのに困ります。ただ?築条件付きの土地なので、その場合は土地を買った時戍で建物完成までの流れが指定されることになります。

 

重要事項説明を受ける

希望に近い土地が見付かったら、売り主と売?契約を結びますが、もし仲介業者がいる場合は、仲介菜者が契約の段取りをします。重要少?説明のチェックポイントはマンシヨンや建売住宅を買うときとおおむね同じで、相手(と業者)や?記簿の権利関係、各種法律との適合、お金に関することなどを確認します。ここでも契約の前日までに説明を受けるベきです。

 

売買契約と所有権の登記

屯要卓?説明を確認したら契約を結びます。書面の内容は重要事項説明と重複する部分もありますが、上地の表示が?記簿の表題部と一致しているか、代金の支払いはどうなっているかなど、改めて一つ一つ?を確認してください。

一般的には代金全額の支払いと同時にリ丨き渡しを行います。また、その際に登記の申請も行うため、登記簿に所有者として代金の支払い後となります。