注文住宅のコスト削減する方法は?

注文住宅のコスト削減する方法は?

 

まずはイニシャルコスト「初期費用」のコストの削減から考えてみましょう。注文住宅の場合は建築費の節約ということになりますが、ボイントはできるだけシンプルな設計にすること。建物の形が不規則、1階と2階で水回りの位置が違う、窓が多い、などはどれも工賃が増加します。また、使う資材の種類が多いとそれだけ材料費や人件費がかさむので、壁材や柱材などは統一したほうが安く済みます。中でも最新の資材は材料費も人件費も高くなりがちです。なるベく普及している材料を使ったほうがコストが下がります。

 

マイホームの取得には購入?建築費以外に様々な経費がかかりますが、節約効果が大きいのは登記関係です。登録免許税や印紙税などは節約できませんが、登記手続きを自分で行うと、司法書士の先生などに頼んだ場合の報酬分が節約できます。表示登記、所有権の移転登記?保存登記などでそれぞれ5万円前後の報酬が必要なので、すべて自分で行えば十数万円の支出減になるでしょう。

 

暮らし始めてから継続的にかかる費用をランニングコストといいますが、この部分のコストの削減もあらかじめ考えておきたいものです。ランニングコストの一つとしてシロアリの予防費用も考えておかねばなりません。

シロアリを愛知や岐阜でやる場合は、比較的費用も安上がりにできるそうですが。

次世代住宅として注目されているオール電化住宅は、ガスを使わないため基本料金が節約でき、エネルキー効率も高いので全体的な光熱費が安くなります。冷暖房費のムダを減らす意味では、断熱性、気密性の高い設計にすることもコストの削減につながるのです。