フラット35 金利の推移について

 

フラット35 金利の推移について

 

 

金利の推移には要注意

 

ただし、財形住宅融資は5年が過ぎれば金利が変動し、この変動の幅に上限がないのが注意点。金利が急激に上昇すれば、返済額が大幅に増えるリスクがあることは知っておいてください。

公務員も財形住宅融資を受けられる?

 

サラリーマンは、会社を通じて「雇用?能力開発機構」から融資を受けますが、公務員や公共団体の職員は、共済組合を利用します。どちらの制度も使えない人は、住宅金融支援機構からの直接融資を受けることに。

 

 

 

 

勤務先の社内融資にはいろいろなメリットが

 

会社勤めの人なら、勤め先が融資を行っている場合があります。金利などが一般の住宅ローンより有利なので、ぜひ検討してみてください

 

なるべく活用したい福利厚生の制度

 

独自融資と提携融資

 

社内融資には人きく分けて二つの形式があります。ーつは、その会社が資金を行う融資です。銀行などのローンのような“商売”ではなく従業への福利原生のー環なので、介利な条件で利用できます。

もう一つは、会社が金融機関と提携した融その金融機関のローン商品を利用することにはなりますが、会社の信用のおかげで、個人で利用するよりも条件が利になります。提携している先があれば利用したい制度です。

 

基本的にメリットが多い

 

 

社内融資の条件とは、まず金利が低いこと。会社によってまちまちですが、ローンよりは格段に低くなっています。利用?格の条件が殺いのもメリットで、担保が不要だとか、配偶者が保証人になれるケースがです。

 

ー方、デメリットとしては、あまり

 

大きい額の融資が受けられないことが?げられます。また、ローンのように“来る者は拒まず”とはいきませんから、希望が多ければ順番待ちで予定通りの時期に融資が実行されないケースもあります0

 

退職金の額がポイントに

 

もう一つ注意したいのが退職金のこと。退職金は法律上担保にできませんが、実質的には将来の沿職金の額を見越して融資が実行されます(退職時に完?)。転職などで早く退職すると退職金で完済できず、新たに金を調述しなければならないのです。